94年の歴史展『としまえんの卒業アルバム』~みんなで彩る最後のページ~

テーマパーク

大正、昭和、平成、そして令和へと四つの時代を超えて生きる人々にたくさんの笑顔を提供してくれた「としまえん」。 2020年8月31日をもって94年の歴史に幕を閉じました。私たちは、としまえん最後の企画展となる「94年間の歴史展 としまえんの卒業アルバム」(2020年7月23日~8月31日開催)の展示装飾、設計・施工を担当させていただきました。

■としまえん 94年の歴史展

この企画展は、この夏に来園されるすべてのお客様が笑顔でお帰りになられ、「としまえん」での時間を永遠に心に残るものになることを願いたいという、としまえん 社員・スタッフの思いから始まりました。最後のお仕事を悔いを残すことなく一生懸命に頑張りたいというお気持ちを深く心に受け止め、私たちは「卒業アルバム」に見立てた空間デザインをご提案しました。



としまえんさんよりいただいた企画書
たくさんのハートがこもっていました

■私たちが提案した空間デザイン「卒業アルバム」

94年間の歴史と伝統を年代毎にコーナーを構成し、アルバムノートを模した造作を設置しました。
としまえんらしさと懐かしさを感じてもらいながら、開園から閉園までの出来事を卒業アルバムのページをめくるように見ることをイメージした空間設計になっています。

身近な存在であり続けてきた「としまえんならでは思い出」を呼び覚ます「年表」を作成し、順序だてて歴史を振り返ることができるよう、展示コーナーは11個で構成されています。
(「プロローグ」「創成期」「遊園地基盤施設建設期」「中型遊戯施設導入/スリルマンション全盛期」「カルーセルエルドラド」「懐かしのポスター&CM動画」「遊園地の原点回帰/新たな方向の模索期」「スタッフメッセージ」「ファイナルメッセージ」「記念グッズ販売」 )

2010年に『機械遺産』に認定された、としまえんのシンボルとも言える回転木馬「カルーセルエルドラド」の展示は欠かせません。 そして、どの世代にとっても懐かしいと思える風景やアトラクションの写真を、アルバムの中にたくさん展示し、当時の様子を解説していきます。

そして、最後の1ページには、スタッフのメッセージを読みながら、来場者が1枚ずつ想いを綴ったメッセージを貼って、卒業アルバムが完成する空間演出をしました。

<入口サイン>

キービジュアルは手作り感のあるアルバムをイメージし、懐かしさと温もりを感じられるデザインにしました。

<卒業アルバムに見立てた空間演出>

古い時代にさかのぼるほど当時の遊具などは残っておらず実物展示が少ないため、設計でどう補完するかが、空間演出を考える上でのポイントとなりました。
各コーナーに本の形状を模した立体造作を配置し、当時の様子を伝える記録写真を数多く展示しています。アルバムのページをめくりながら進む動線とすることで、コンセプトを体現しながら空間にメリハリをつけるように考えました。

<従業員の方からの手書きメッセージ>

これも手作り感をイメージし、マスキングテープで装飾しながら写真やメッセージを貼りました。

<来場者から「としまえん」へメッセージ 貼る場所が無くなるほどの付箋が壁一面に>

コロナウィルスの影響で入場制限を掛けた中にも関わらず、多くのメッセージを頂きました。どれも心のこもった内容で、「みんなで彩る最後のページ」というサブタイトルがそのまま現実になったように感じました。


【としまえん 94年の歴史展 御担当:関口様より】
本当に素敵な展示会場でした。
会場内にはおじいちゃん、おばあちゃん、パパ、ママ、お子さまと親子3世代で足を運んでくださる方が多くいらっしゃいました。
メッセージボードにもあたたかいお言葉をたくさんいただき、
世代を超えて愛されている遊園地なのだと改めて実感することができ、
大変うれしく思います。


【弊社 担当者より】
新型コロナウイルスの影響で様々な対策に追われる中、この企画展のお仕事のお声がけをいただいたのは、6月10日 。工期までの期間を考えると、94年の歴史を振り返るには十分な時間はなく、急ピッチでデザイン設計の準備に取り掛かりました。どのような空間演出をしたらいいか、関口様の企画展に対する思いを伺うとおのずと“としまえんらしさとは何か”を紐解いていけばその答えにあたるのではないかと考えるようになりました。
としまえんは、地域との結びつきが強く、親しみのある遊園地でした。それは、愛嬌のある広告や、誰もが小さいころに楽しんだ記憶、来た方を楽しませようとするとしまえん従業員の「おもてなしの心」が現れたものだと思います。私たちは、としまえん最後の企画展は「卒業アルバム」にみたてた造作物のをご提案するご提案を差上げました。
写真を多く展示し、歴史を紹介するとともに、最後に従業員の思い出を綴った手書きメッセージと、来場者が付箋に書いて頂いたメッセージを展示する2つのコーナーを向かい合わせに配置しました。惜しみながら会期終了となり、企画展の撤収のため再び会場へ訪れてみると、壁に貼る場所がなくなるほど多くのメッセージが貼られていました。としまえんという施設が多くの方に愛された場所であったことを、驚きとともに改めて実感しました。
地域に愛された「としまえん」という場所で、心のこもった交流が行えたのであれば嬉しく思います。

としまえんの歴史、ギャラリー、感謝のメッセージは公式サイトにてご覧いただけます。

■としまえん フォトギャラリー(公式サイト)■

94年の歴史展 としまえんの卒業アルバム ~みんなで彩る最後のページ~
完成年月
2020年8月
実施場所
としまえん 館内
クライアント
としまえん
業務内容
実施設計・施工