Explore the history of 'KIREI' in japan
Special exhibition 'KIREI' in akishima city
'KIREI' as clean,hygienical,beautiful
and high in integrity


日本のいいところってどこ?

見て、体験しながら、楽しく、学べる

展示会

パンデミックによって世界中が混乱している今、私たちは新たな生活様式を改めて考えさせられています。
「にっぽんのKIREI」展は、日本の過去から現在に続くきれい好き文化を振り返りながら、日本の歴史や日本人の意識を紐解き、これからの生活や生き方を考える元(ヒント)になる提示をします。
子どもも、大人も、外国人も、会場へ足を運ぶことで「にっぽんのKIREI」を、見て、体験して、楽しく、学べる場となることを目指し、地域の特性を織り込んだイベントを開催し、地元ファン作りにも貢献していきます。


The Nippon No KIREI exhibition surveys Japan’s history of a culture of cleanliness from the past to the present day, tracing Japanese history and the awareness of the Japanese while providing food for thought on how we can live in the future. The exhibit also concentrates on the connection between “water” and the Japanese, elucidating the mysteries of Nippon No KIREI from multiple perspectives, including landscapes, history, technology and culture, etc. At the same time, the exhibit will introduce interesting usages of water in Akishima City, such as use of excellent subterranean water. Finally, the exhibit will focus on SDGs (Sustainable Development Goals) that are a matter of interest and concern around the world and explain how Akishima City is approaching this task. In addition to the above program, we plan lectures on different themes, including the following: “Water in the Daily Lives of the Japanese”, “Climate, Culture and Water in Akishima City”, “Akishima City and SDGs.” We additionally plan hands-on workshops where children visiting the exhibit can learn in a fun way about fascinating aspects of local culture under the theme of the water that sustains the lives of Akishima City’s citizens.

古の生活文化にさぐる

にっぽんのKIREI

水と生活・そして未来
 in 昭島


入場無料
共催:昭島市/中央宣伝企画株式会社

会期日程

日 程
2021年6月22日(火)~7月7日(水)
火~金:午前10時~午後7時
土日祝:午前10時~午後6時
休館日
月曜日
会 場
アキシマエンシス(東京都昭島市) 国際交流教養文化棟1F 市民ギャラリー

 ※新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、予定を変更する場合がございます。

7月3日(土)特別セミナー

2021年7月3日(土)には、NHKの「チコちゃんに叱られる!」にご出演されている新谷先生をはじめ、昭島市在住の先生方のご登壇による【日本と昭島と水】に関する講演会と、昭島の未来を考える高校生グループ「未来守(みらいもり)」による活動報告プレゼンテーションや先生方のトークセッションを予定しています。

今や世界標準となり日本でも浸透しつつある『SDGs』においても目標の一つに「水」が掲げられ、世界の人々の関心事になっています。日本が世界に誇る特長である豊かで清らかな「水」は、昭島市においても最大の魅力となっています。
水に関する日本の歴史(文化/社会)や、SDGsを知ることで、これからの生活や生き方を考える元(ヒント)を感じていただけるセミナーです。お気軽にご参加ください!

「日本」と「昭島」と「水」に関する講演

講演①
「昭島とSDGs」
東海大学 スチューデントアチーブメントセンター 准教授
昭島市社会教育委員 二ノ宮リム さち 氏
講演②
「日本の生活と水」
国立歴史民俗博物館・総合研究大学院大学名誉教授
昭島市文化財保護審議会委員
新谷 尚紀 氏
講演③
「昭島の風土と水」
臨済宗廣福寺 住職 昭島市教育委員会委員
昭島市文化材保護審議会委員
白川 宗昭 氏
開催日時
2021年7月3日(土)10:00 開場 ~ 12:30 終了予定 
会場
アキシマエンシス 国際交流教養文化棟 講習・研修室①~③
入場
無料(予約制)※6/16(水) 10時より参加受付を開始いたします
定員
先着50名
     

※内容は予告なく変更する場合がございますので予め了承ください。

セミナーへの参加
申込みについて

2021年6月16日(水)10:00より
「電話申込」と「アキシマエンシス来館申込」にて受付を開始します。
tel

申込時に「にっぽんのKIREI(きれい)展の
セミナー申込」
とお伝えください。

ワークショップを開催

「日本」や「水」をテーマにしたものづくり

アキシマエンシスまで出かけて、ワークショップに参加して、缶バッジづくりや、水をつまむ不思議な実験をしてみませんか。

【オリジナル缶バッジづくり】
好きな和柄、好みの色塗り、
自由に描いたものを缶バッジに

オリジナル缶バッジづくり

アキシマエンシスの来館記念として作ったり、プレゼント用に作るのもオススメです。
こちらのワークショップは、小さなお子様にも向いています。
【昭島の水で遊ぼう】
今まで体験した事のない不思議な手触り
「水をつまむ」実験

昭島の水で遊ぼう

実験キット「つかめる水*」をつかって、昭島の水をつまんでみます。キラキラや小さな消しゴムを水の中に入れて、今まで体験した事のない不思議な手触りや感覚を楽しみます。

*植物由来の原料で安心に実験が出来るキットを使用します。「つかめる水」は株式会社ライブエンタープライズ社の商品です。

開催日
2021年6月26日(土)・27日(日) 
/ 2021年7月3日(土)・4日(日)
開催時間

缶バッジづくり:(所要時間30分)

①10:00~ ②11:00~ ③13:00~ ④14:00~ ⑤15:00~

昭島の水で遊ぼう:(所要時間30分)

①10:30~ ②11:30~ ③13:30~ ④14:30~ ⑤15:30~

※6月27日(日)は、午前中①②の開催はございません。
13:00からスタートします。

開催会場
※調整中(会場は日によって場所が異なる予定です)
対象
子どもから大人までどなたでも
定員
缶バッジづくり 各回:定員12名
昭島の水で遊ぼう 各回:定員6名
※小さなお子様が参加される場合は、保護者の方が付き添い一緒に参加下さい。
参加費
無料 ※当日の朝9:30より 会場にて整理券をお配りします。

※緊急事態宣言が延長された場合は、ワークショップは中止となる可能性がございます。
※新型コロナウイルス感染症の予防のための、十全な措置を講じて実施いたします。
ご参加にあたりましては、こちらの「にっぽんのKIREI」展の予防対策と、お客様へのお願いをご確認くださいますようお願い申し上げます。

作品公募イベント
『昭島だいすき!絵てがみ』展

大好きな「昭島」を描いて、
誰かに伝えてみませんか!

Akishima Daisuki! I love Akishima!

Event featuring submitted artistic creations

Why not create an art-letter (e-tegami) with your personal picture/text artwork about Akishima City,
a place we all love and address it to someone you know!


昭島の好きなところを「絵」に描いて誰かに伝える「絵てがみ」展(アキシマエンシス内)を同時開催します。
応募用紙(画用紙)を、アキシマエンシス内・ほか各所にて配布開始します。

     

応募いただきました作品は、2021年6月22日~7月7日までアキシマエンシス国際交流教養文化棟1F市民ギャラリーで行われる郷土資料室企画展「にっぽんのKIREI」展の会期中、「昭島だいすき!絵てがみ」展としてアキシマエンシス内に掲示する予定です。     

絵てがみ の例
募集要項
3つのテーマからタイトルを選び、絵と文章(てがみ形式)で表現してください。
①昭島の好きな場所 ②昭島の水 ③みらいの昭島
対象
市内在住者であればどなたでも(おひとり1点)
ルール
テーマに沿い、指定用紙の中であれば、表現方法は自由とします。
・用紙の縦/横、色あり/なし、自由です。
・文章は「誰か」に向けた「てがみ形式」として下さい。(例:友達、パパ、ママ、自分あて など)
・親子合作、兄弟姉妹合作などでもOKです。(例:絵はこどもが描いて、文字や文章は親が書く など)
応募について
専用応募用紙を下記の6カ所で配布を行います。透明の袋に応募する「作品」と「承諾書」を入れて、締め切り日までに応募場所まで提出してください。
応募用紙配布
/提出場所
・アキシマエンシス国際交流教養文化棟
・市民図書館(緑分館、昭和分館、やまのかみ分室、玉川会館臨時受付)
・市役所社会教育課

応募締め切り:
2021年6月13日(日)


アキシマエンシスへの
交通案内

アキシマエンシスは、市民と情報、市民と市民をつなぎ、あきしまの今を未来につなぐ場
市民ひとりひとりの世界が広がり、交流の輪が広がる場
市民が自らの課題に向き合い、必要とする知識や情報、人とのつながりを見つける場
あきしまの未来を創る市民を育む場をコンセプトに、
市民図書館、郷土資料室、教育センター、子ども家庭支援センター、男女共同参画センターなどが連携した複合施設です。

アキシマエンシス外観写真 アキシマエンシス エントランス風景
アキシマエンシス:交通アクセス

【交通アクセス】
〒196-0012 東京都昭島市つつじが丘3-3-15
TEL 042-543-1523
FAX 042-542-8002

●JR昭島駅北口 徒歩10分/JR中神駅北口 徒歩10分
●立川バス「昭島市民会館前」徒歩5分
●駐車場(有料) 60台(内障害者駐車場3台)
・ 入庫可能時間 8:30~22:00
・ 料金 30分まで無料
・ 30分から3時間まで100円
・ 以降1時間ごとに100円
※ 施設利用者は3時間まで無料
※ 障害者手帳等をお持ちの方は3時間以降半額
 お帰りの際は総合案内で手続きをしてください
●駐輪場:自転車 100台/バイク 8台

アキシマエンシス 交通案内

 


共催:

東京都昭島市  

 中央宣伝企画株式会社