国立科学博物館にて特別展「明治150年記念日本を変えた千の技術博」開催中!

2018.11.14

場所:国立科学博物館(東京・上野公園)
会期:2018年10月30日(火)〜2019年3月3日(日)
開館時間:9時~17時(金曜日、土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は20時まで)
※入場は各閉館時刻の30分前まで
休館日:毎週月曜日、12月28日(金)〜1月1日(火)、1月15日(火)、2月12日(火)
(ただし、12月24日(月)、1月14日(月)、2月11日(月)、2月25日(月)は開館)
観覧料:一般・大学生:1600円
    小・中・高校生:600円
※未就学児は無料。
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料。
※本券で本展を観覧された方は、同日に限り常設展(地球館・日本館)もご覧いただけます。

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。
時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。
日本各地の大学・研究機関や企業などから、
600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合!
 科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、
“日本を変えた千の技術”をたっぷりと紹介していきます。
 中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、
「情報処理技術遺産」、「でんきの礎」、「未来技術遺産」に認定された約40点の資料は特に注目です!

※弊社にて会場の設計・施工を担当させていただきました。

詳しい情報は公式ホームページをチェック!
http://meiji150.exhn.jp/